若狭ネット

福井と関西を結び脱原発をめざす市民ネットワーク

大阪連絡先 dpnmz005@ kawachi.zaq.ne.jp
若狭ネット資料室(室長 長沢啓行)
e-mail: ngsw@ oboe.ocn.ne.jp
TEL/FAX 072-269-4561
〒591-8005 大阪府堺市北区新堀町2丁126-6-105
若狭ネットニュース第176号を発行しました

若狭ネットニュース第176号を発行しました

第176号(2019/7/31)(一括ダウンロード9.9Mb
巻頭言-8/31(土)よりロードショー映画「40年紅どうだん咲く村で」
登場する松下さんは訴える—「なんとしてもふるさとを守り育てたい!」
国も関電も40年制限を取っ払い、美浜3号の60年運転を狙う—「許せない!」
(1) 「震源を特定せず策定する地震動」の標準応答スペクトルは過小策定されており,はぎとり波をそのまま用いるべきである
大阪府立大学名誉教授長沢啓行

(松下照幸さんのドキュメンタリー映画のチラシはこちら)

「40年 紅どうだん咲く村で」

★ロードショー 上映スケジュール (シネ・ヌーヴォXのサイト)
8/31(土)~9/ 6(金) 11:00~12:45
9/ 7(土)~9/13(金) 15:50~17:35
9/14(土)~9/20(金) 13:05~14:50

※8/31は上映後20分、松下さんが挨拶。
初日から先着50名に特製「紅どうだん」の押し花しおりをプレゼント。

会場:シネ・ヌーヴォX
〒550-0027 大阪市西区九条1-20-24 シネ・ヌーヴォ2F
TEL 06-6582-1416  FAX 06-6582-1420
◯大阪メトロ中央線「九条駅」6号出口徒歩3分
◯阪神なんば線「九条駅」2番出口徒歩2分

———–
「震源を特定せず策定する地震動」の標準応答スペクトルは過小策定されており,はぎとり波をそのまま用いるべきである

4.4 結言

原子力規制委員会は,電力会社による地震動解析が遅々として進まない状況にしびれを切らして,「震源を特定せず策定する地震動」の標準応答スペクトルの策定を進め,1 年半の検討結果をとりまとめた.しかし,報告書で公表された標準応答スペクトルは,川内原発と玄海原発の基準地震動を少し超える程度に留まり,大きな影響を与えるものではなかった.なぜそうなったのかを調べるため,その報告書を詳細に検証した結果,次のことが明らかになった.

(1) 標準応答スペクトルは,「加藤スペクトルを下回らず,年超過確率10^-5 (10万分の1)の応答スペクトルを超えない」よう巧みに誘導された結果である.

(2) 標準応答スペクトルを策定するための統計処理では,KiK-net 観測記録にこだわって重要な強震動観測記録を除外し,地震規模の範囲をMw5.0以上へ広げ,記録収集範囲を30km 圏内に広げて母集団を歪め,薄めており,統計的に無理がある.

とはいえ,以下のように,標準応答スペクトル策定過程で示された解析結果や地震動のばらつきを基準地震動に取り入れる視点は重要であり,基準地震動の策定に活かすべきである.

(a)「震源近傍でのMw6.0~6.6 の地震基盤表面はぎとり波」が求められており,「震源から5km 以内で距離補正されていないはぎとり波」等であれば,審査ガイドの「収集対象となる内陸地殻内の地震の例」の候補にふさわしく,これらを加えるべきである.

(b) 標準応答スペクトルは「平均+2」で策定されており,地震学界で常識となっている「倍半分」のばらつきを基準地震動へ取り入れる観点に立っている.であれば,基準地震動策定に際しては,「震源を特定せず策定する地震動」だけでなく,「震源を特定して策定する地震動」においても,少なくとも「倍半分」のばらつきを考慮して,「平均+」で基準地震動を策定し直すべきである.

標準応答スペクトルそのものは,批判に耐えられない統計的処理に基づいて策定されたものだが,それでも,川内原発や玄海原発の基準地震動を超えているという事実は正面から受け止めるべきであろう.
両原発では「震源を特定して策定する地震動」が過小評価され,「震源を特定せず策定する地震動」で基準地震動が規定されていたからである.
今回の標準応答スペクトルで後者の過小評価の一端が明らかにされたと言えるが,より根本的な過小評価が残されたままである.
標準応答スペクトル策定過程で得られた(a) と(b) の副産物を積極的に基準地震動策定に活かせば,すべての原発の基準地震動が大幅な見直しを余儀なくされるであろう.
福島第一原発事故から8 年を経て,フクシマを繰り返さないため,基準地震動見直しを原子力規制委員会に迫っていかなければならない.

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です